FC2ブログ

おもちやさん
アニメやゲーム、その他諸々の感想ブログ「おもちやさん」。 ぼちぼち更新予定。

うたわれるもの 第19話「決別」

コヨーテの更新後にうたわれるものの更新作業に入るので、うたわれの感想は早くても4時半~5時前後になっちゃいますね。日曜のゼロの使い魔も同様、前の2番組の感想を書き終えてから視聴してそこから感想を書いているので感想掲載はやや遅くなっちゃってます(チバテレビの話です。)



幼少時代のカルラだ!小さいにもかかわらず今と変わらぬ強さに驚き。
カルラって実は凄まじく育ちのいいお嬢様だったのですね。

さてさて、場面は変わって解放軍による反乱。
一騎当千なハクオロ御一行様がいるとどうしても雑魚戦闘は殺陣を楽しむ殺戮ショーと化してしまうわけですが(笑)。
なんというか「ば、化け物!」と捨て台詞を吐いて逃走せざるをえない兵士たちに逆に同情しちゃう。
っていうかウルトリィだけでなくカミュも強かったんだ・・・。平和の使者なのに!


...read more

  1. 2006/08/08(火) 04:53:36|
  2. うたわれるもの|
  3. トラックバック:32|
  4. コメント:2

うたわれるもの 第18話「解放軍」



カルラ似のあんちゃんが活躍中?
はて、ここは一体どこだろう。カルラの故郷かな。

ハクオロ御一行さまはいつの間にか大所帯になったもんだ!
もしかしてこの料理って全部エルルゥが作ってくれてるんだろうか?


...read more

  1. 2006/08/01(火) 05:12:48|
  2. うたわれるもの|
  3. トラックバック:38|
  4. コメント:0

うたわれるもの 第17話「幼き皇」

今週は久々のホノボノ話!
今回のギャグパートは笑いを堪えるのが大変なくらい面白かった。
トウカの新たな一面を垣間見ることが出来たのも大きい。

あと小山さんが演じるハクオロのシリアスっぷりとギャグパートとのコラボがなかなかに笑いを誘う(笑)
なんというか少しずつ笑いがこみ上げてくる感じ。



クーヤは子どもっぽいですね。
こんな若い子に国を任せて大丈夫なんだろうか。
きっと血統か特殊能力を有してるかのどっちかの理由なんだろうけど。
ああもう!オンヴィタイカヤンとかウィツァルネミテアとかクンネイェタイとか
難しい単語連発しないでくれ!噛み噛みですよ。
クーヤの国ではオンヴィタイカヤンが神、ウィツァルネミテアが邪神で、
トゥスクル周辺ではウィツァルネミテアが神、オンヴィタイカヤンが邪神ということでしょうか。
ハクオロはその不一致をかなり気にかけてましたね。今後の伏線かな・・・?

エルルゥはいつもいつも可愛いなぁ!
照れて尻尾ふりふりなエルルゥの仕草なんかもろツボですよ。


...read more

  1. 2006/07/25(火) 06:01:27|
  2. うたわれるもの|
  3. トラックバック:32|
  4. コメント:0

うたわれるもの 第16話「戦いの果て」

第16話「戦いの果て」の感想です。

毎度ながらエルルゥの静止画のクオリティの高さには言葉も出ない!

前回シケリペチムとの戦いがついに決着し今回はその事後処理の話でした。
今回はとくに事件という事件はありませんでしたが
今後の展開に響いてきそうな伏線らしきものがいくつかありましたね。

まさかこのまま尺を残して平和になりましたバンザイで終わるわけはないだろうし
きっとまた問題が起こるんだろうなぁ(汗)

以下本編の感想です。



...read more

  1. 2006/07/18(火) 07:39:07|
  2. うたわれるもの|
  3. トラックバック:33|
  4. コメント:0

うたわれるもの 第15話「宴の終わり」

第15話「宴の終わり」の感想です。

少数精鋭でシケリペチム本国を叩くことになった今回。
ベナウィやクロウらはハクオロがシケリペチムに進軍する間5万もの敵勢の相手をすることに・・・。
またシケリペチム本国にも罠が隠されていないと言い切ることは出来ません。

予断を許さない状況であったため、どのようなシナリオ運びをするのか非常に気になりました。

以下本編の感想です。



...read more

  1. 2006/07/11(火) 10:27:18|
  2. うたわれるもの|
  3. トラックバック:27|
  4. コメント:2

うたわれるもの 第14話「戦禍」

第14話「戦禍」の感想です。

神作画光臨!!

毎回安定して高クオリティな出来のうたわれるもの。
しかし今回はそれよりさらに一歩上の素晴らしい出来でした。
やっぱりキャラが動きまくる作品は最高だよなぁ。
よく動く話は概してキャラの顔が崩れやすいのが欠点ですが、この作品は静止画がほとんど崩れないので動画部分はこの調子でガンガン突き進んでもらいたいです。それこそノエインみたいに(笑)

前回、ケッチャケッチャのトゥスクル侵攻はシケリペチムの幻術(?)によるものだと判明し、さらにケッチャケッチャ王オリカカンシケリペチム王ニウェの手にかかり非業の死を遂げます。

つまりここ最近のトゥスクルとクッチャケッチャの争いは全てニウェの思惑通りだっということ・・・。

度重なる戦により疲弊していくトゥスクル。
それを嘲笑うかのようについにシケリペチム本国のトゥスクル侵攻が始まります。

果たしてこの危機をハクオロ達は乗り越えることが出来るのか?

以下本編の感想です。



...read more

  1. 2006/07/04(火) 17:16:05|
  2. うたわれるもの|
  3. トラックバック:22|
  4. コメント:2

うたわれるもの 第13話「血塗られた戦い」

第13話「血塗られた戦い」の感想です。

この作品は毎回作画が安定しているので安心して見れますね。
ストーリーに関しても先の展開が気になる内容ですし。

前回、エヴェンクルガの剣士トウカと橋上で戦い、
ハクオロ達はこれを退けることに成功しました。
しかしトゥスクルでは動揺が収まらず
クッチャケッチャの今後の動向次第でトゥスクル陣営に大きな被害が出る可能性があり
緊迫した情勢が続いています。


さらに、今週の次回予告見る感じだと来週はさらに高クオリティが予想されます。
なんだあのナルトの71話や133話みたいな超クオリティ・・・。すっげー楽しみ・・・。


以下本編の感想です。

...read more

  1. 2006/06/27(火) 19:32:22|
  2. うたわれるもの|
  3. トラックバック:14|
  4. コメント:2
<< 前のページ  次のページ >>