おもちやさん
アニメやゲーム、その他諸々の感想ブログ「おもちやさん」。 ぼちぼち更新予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

マクロスF 第5話「スター・デイト」

テキストだけですが、GW時に友人宅で見た5話の感想をちょっとだけ。

5話は今までの話の中では唯一戦闘シーンが全く無い回でしたが、非常に魅力のある回に仕上がっていたと思います。
各キャラクターの掘り下げと世界観の共有といった、作品にとって重要な2要素をうまく織り混ぜながら、視聴者に飽きさせずに伝えることができていました。
アルトとシェリルのデートという形で、ゼントラン居住区などの世界観を間接的に伝えるのは巧かったですね。
「マクロスの世界でのデートってこんな感じなんだなぁ」と、あの世界観を受け入れた上で楽しむことができてよかったです。

5話はアルトとシェリルとのデートということで、シェリル株が上がりまくりでしたよ!
今までの放送から読み取れたシェリル・ノームの魅力って歌唱力やカリスマ性が主たるものだった気がします。
ところがプライベートでは意外とやんちゃなところがあったり、頻繁に顔を赤らめたりするなど、女の子っぽい一面も多く出ていましたね。
そういった素の一面を覗かせながらも、アルトを弄ったりするアイドルとしての小悪魔シェリルもチラチラ出てきたりして、彼女の魅力をより引き出すことができていました。
可愛すぎだろシェリル。

また、ランカも人前で歌い始めることで、新たな道を歩み始めました。
1話でもシェリルが歌ってたけど、おっぱいマイスターもいい曲だったなぁ。
ってかゼントラーディのギターのおっさんが絶妙なタイミングで合わせてくれて最高すぎた。
作品が曲の魅力を最大限に引き出せてるいい例だなぁ。
彼女がミシェルに叱られた時は、放置プレイで泣き出して鬱モード突入かと思って心配したけど、嬉しい誤算でしたね。

しかしランカの歌がバジュラを引き付けてるんじゃないかって気もするんだが、そこらへんはどうなんだろうか。
スポンサーサイト




  1. 2008/05/10(土) 14:37:03|
  2. マクロスFRONTIER|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://omochiyasan.blog69.fc2.com/tb.php/1052-e37c3de5
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。