おもちやさん
アニメやゲーム、その他諸々の感想ブログ「おもちやさん」。 ぼちぼち更新予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

原作「涼宮ハルヒの暴走」感想

「だから別荘のほうはキミたちと行くよ!なんか面白そうだしさっ」


暴走を読み終えてふとこんな仮定を考えた。
この作品で描かれる世界はハルヒが望んだ世界であると同時に僅かながらではあるもののキョンが望んだ世界でもあります。そこでおもちが思いついたのは、キョンの周りで珍事件が頻繁に起こるのも「ハルヒが望んだから」という一言で片付けてしまうのではなく、キョンがそういった世界を望みハルヒというファクターを通じて望みがブーストされ反映されるという仕組みになってるのではないか?という仮定です。
この暴走を読んでそんな可能性を考えるようになりました。雪山症候群でキョンが念じると氷枕が現れたのもつまりはそういうことだったり。

また「憂鬱」にて閉鎖空間に閉じこめられたハルヒがキョンに対して「あんたは、つまんなさい世界にうんざりしてたんじゃないの!?」という言葉を投げかけるシーンがありますが、キョンはハルヒに対して一言も「世界にうんざりしていた」ということをほのめかす発言はしていません。ただ単にハルヒがキョンに同意を求めただけの言葉なのかもしれませんが、実はキョンの心象世界を大袈裟に具現化したのがハルヒで、全てキョンが夢見た世界でしたという壮大な夢オチが隠されてたりするんじゃないかというバカバカしい物語展開を考えちゃいました。
そのような可能性を考えてしまったおもちは、暴走にてキョンが「異世界人でも来るなら来てみやがれってんだ」という発言をした時、鶴屋さんあたりが異世界人と化してしまうのではないかというとんでもストーリーを想像してしまったのです!コイツアホだろと思うかもしれませんが割と真剣にその線を考えた。うん、きっとただのアホなんだと思う(ぇ

まあそんなどうでもいいおもちの妄想トークはさておき、「涼宮ハルヒの暴走」は以下の3部構成になっていました。

エンドレスエイト
射手座の日
雪山症候群

一番驚いたのは「射手座の日」かな。
何が驚いたって、すでに5巻にもなるのにこれがアニメですでに放送されているっていうことにです。
原作から入ってアニメを見ていた人は「次はどの話が来るんだろう?」と、毎週ワクワクしながら見てたのかな(笑)


暴走はまたもや全体的に長門有希メインって感じでしたね。
いや、もうホント彼女が真のヒロインだって言われている理由もよく分かります。
ここんところずっと長門づくしじゃないか(笑)
畳みかけるかのような長門ラッシュを浴びせられて長門教に入信した人も多そうだ!
まずエンドレスエイトは長門お疲れさんといった感じだし、射手座の日は長門かわいいよって感じだし、雪山症候群はキョンと長門が互いにチラチラ見つめあったりするのをハルヒが嫉妬したりでニヤニヤしちゃいました。


今回、雪山症候群で色々と新たな伏線らしきものが張られたのも気になります。
今回の事件が新たな勢力の意思によるものなのか、それとも情報統合思念体勢力の内部分裂によるものなのか、消失でのあの事件を解決せずにのんびりと過ごすことで発生した歪みがもたらしたものなのか、はたまたそれとは全く別の何かが原因なのか。
涼宮ハルヒシリーズは時系列があちこちに移動してしまうので次巻でこれらの謎がすぐ明かされるとは思いませんが、今後の重要なポイントになるのは間違いないと思います。

今後の展開にも目が離せません。



涼宮ハルヒの憂鬱
涼宮ハルヒの憂鬱
涼宮ハルヒの溜息
涼宮ハルヒの退屈
涼宮ハルヒの消失
涼宮ハルヒの暴走
涼宮ハルヒの動揺
涼宮ハルヒの陰謀
涼宮ハルヒの憤慨
スポンサーサイト




  1. 2006/08/06(日) 14:27:59|
  2. 涼宮ハルヒの憂鬱|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://omochiyasan.blog69.fc2.com/tb.php/123-da34dfbd
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。