おもちやさん
アニメやゲーム、その他諸々の感想ブログ「おもちやさん」。 ぼちぼち更新予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

原作「涼宮ハルヒの動揺」感想

「・・・今のあたしには言えません・・・まだ、ダメみたい」

さてさて、いよいよ6冊目に差しかかった涼宮ハルヒシリーズ。
「動揺」のストーリー構成は以下の通りでした。

ライブアライブ
朝比奈ミクルの冒険 Episode 00
ヒトメボレLOVER
猫はどこに行った?
朝比奈みくるの憂鬱

今回は総合的に見ると珍しく朝比奈さんがメインの巻だったのではないでしょうか?
朝比奈さんの小動物のような可愛さを前におもちは暴発寸前でした。
年上で巨乳なのにロリ顔!!朝比奈さんは凄い人なんだよ!?(誰に向かって言ってるんだ)
けどなぜか鶴屋さんがめがっさ凄かったっていうことばかり印象に残ってるのさっ!
みっくる~!せっかくメインのお話が二つもあったのにおいしいところさらっちゃってごめんよっ。という鶴屋さんの反省してなさそうな謝罪の声が聞こえてきそうだ。

また、「暴走」までは本編が始まる前ページの「涼宮ハルヒの○○スタート!」と書かれたページイラストは、常に朝比奈さんがさも「私がSOS団のマスコットキャラなのよ!」と言わんばかりに一人堂々とその座に就き続けていたわけですが、今回はなぜか長門と2人ペアでした。「あれ?」と思い陰謀のイラストを見ても長門とペア、「あれれ?」と思い憤慨のイラストを見ても長門とペアでした。ついに1人でマスコットキャラとしてやっていくことすらままならなくなった朝比奈さん。
このままではそのうち長門1人で「涼宮ハルヒの○○スタート!」のページを飾る日がやってきそうです。朝比奈さん頑張れ、超頑張れ。


さて「暴走」の感想にて、「5巻に収録された射手座の日がアニメ化されるとは~(略)」的なことを書いたわけですが、今回もしょっぱなの2つともアニメ化されたお話でしたね(汗)。
6巻の内容が1期のアニメで流されるとは原作から入ったファンの人も思いもしなかっただろうなぁ。とくに朝比奈ミクルの冒険。みんなぶったまげたんじゃないの?

「ライブアライブ」と「朝比奈ミクルの冒険」はアニメ映像を思いだしつつニヤニヤしながら読みました。
ライブアライブのハルヒはやっぱり可愛いよなぁ。
どのハルヒも魅力的ですがやはりこのときのハルヒが個人的に一番好きなのです。
朝比奈ミクルの冒険はどうしてもあのアニメの映像が思い起こされて思わず笑っちゃった(笑)

「ヒトメボレLOVER」は長門が主役のお話。
少しずつ感情が読み取れるようになってきた彼女を見てるとなんか嬉しくなっちゃうな。
なんというか娘が育って嬉しいパパの気持ちといいますか(パパでもない男が言うな)。
婚約を解消されてションボリする長門の顔を想像してキュンキュン。

「猫はどこに行った?」はただひたすら鶴屋さんが凄かった。
この人本当に一般人なんでしょうか?何が凄いのかと聞かれると「あ、あれ・・・?なんだっけ?」と思ってしまうわけですが、まあともかくそれだけの存在感を放っているお方なのです。だってハルヒと一緒に謎解きに成功しただけだよなぁ・・・。鶴屋さん恐ろしい子!

「朝比奈みくるの憂鬱」は当然ながら朝比奈さんがメインのお話。
この話は後書きにも書かれていましたが、次巻の長編に関わる大事なエピソードのようですね。
たしかに「暴走」で張られた伏線について触れられたり、未来人も宇宙人のように勢力が分裂している可能性があるという新たな伏線が張られたりと、結構重要そうなお話です。
どんどん伏線が張られてるけどいよいよ次巻から本筋の話に入っていくのかな?

毎度同じような締め台詞ですが、次巻が楽しみです。



涼宮ハルヒの憂鬱
涼宮ハルヒの憂鬱
涼宮ハルヒの溜息
涼宮ハルヒの退屈
涼宮ハルヒの消失
涼宮ハルヒの暴走
涼宮ハルヒの動揺
涼宮ハルヒの陰謀
涼宮ハルヒの憤慨
スポンサーサイト




  1. 2006/08/07(月) 22:44:08|
  2. 涼宮ハルヒの憂鬱|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://omochiyasan.blog69.fc2.com/tb.php/127-66ef8954
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。