おもちやさん
アニメやゲーム、その他諸々の感想ブログ「おもちやさん」。 ぼちぼち更新予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

原作「ゼロの使い魔」感想 その2

アニメの放送も終わったことですし今手元にある原作を読み始めました。今回読んだのは

第2巻 風のアルビオン
第3巻 始祖の祈祷書
第4巻 契約の水精霊

の三冊です。
第一巻の感想は以前掲載したので割愛

とりあえず読んで思ったこと。才人って天才??
以前も同じようなことを書いた気がするんですが、ルイズの魅力を余すことなく引き出すこの男の才能に惚れた。
伝説のガンダールヴはあらゆる武器を瞬時に使いこなすことが出来るといいますが、ルイズの喜怒哀楽を自由自在に操り、読者をただひたすら喜ばせてくれる才人を見て「なるほどこれがガンダールヴの力か!」と納得した次第(ロケットランチャーを放った時点でその凄さに気づけよ)。

才人という魅力増幅器を通して描かれたルイズがそりゃもう気が狂いそうになるくらい可愛いこと
とくに惚れ薬を飲んだ時の描写がエロすぎて電車の中で前屈みになりながら読んでました。わりとマジな話。
惚れ薬によってもたらされた効果などは所詮仮初めのものに過ぎないとわかっていながらも、あんなことやこんなことをしちゃうルイズを一度でも見ようものなら、仮に耐えろと言われても耐えられるわけがありません。いや、むしろ耐えろという奴の方が頭おかしい。
そんなこんなで全ての巻においてルイズの魅力が凝縮されておりました。
まあストーリーの本筋はルイズのツンデレ描写だと言っても過言ではないですが、本来の本筋のストーリーも大変楽しませていただきました。アニメ版では描かれることが無かった細部が描かれ、「こんなことがあったのか~」とニヤニヤしながら読むことが出来ました。
ウェールズ皇太子を前にしてしおらしくなるアンリエッタ王女も良かったですなぁ。
ワルドとフーケの大人なコンビもアニメに比べて好きになれたし。
それ以外にもルイズとアンリエッタの演劇がかった台詞回しも面白かった。
まあともかく面白かったと(ぇ



ゼロの使い魔 Vol.1
【アニメDVD】ゼロの使い魔 Vol.1
関連商品(小説版)
ゼロの使い魔(1)
ゼロの使い魔(2) 風のアルビオン
ゼロの使い魔〈3〉始祖の祈祷書
ゼロの使い魔〈4〉誓約の水精霊
ゼロの使い魔 (5) トリスタニアの休日
ゼロの使い魔〈6〉贖罪の炎赤石(ルビー)
ゼロの使い魔(7) 銀の降臨祭
ゼロの使い魔〈8〉望郷の小夜曲(セレナーデ)
ゼロの使い魔 (9) 双月の舞踏会
スポンサーサイト




  1. 2006/09/29(金) 21:23:08|
  2. ゼロの使い魔|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

  

コメント

こんばんは。

俺は原作読んでません。アニメも良かったし、ルイズがそんなにかわいくえがかれているなら読んでみようかなとも思います。
  1. 2006/09/29(金) 21:58:11 |
  2. URL |
  3. 風魔手裏剣 #-
  4. [ 編集]

風魔手裏剣さん、こんにちは~。
活字メディアは「自分の好きなようにイメージすることが出来る」という
素晴らしい特質を兼ね備えているので、それも関係しているのかもしれません。
頭の中で想像してニヤニヤみたいな感じで。
ただ、くれぐれも人前でニヤニヤしないようご注意を(ぇ
(それだけルイズが魅力的だという話)
  1. 2006/09/30(土) 00:00:24 |
  2. URL |
  3. おもち #rxZDUwA.
  4. [ 編集]

こんにちは。
原作の方は自分も読んでますが、後半巻になるにつれて、シエスタがやばくなっていきます( ゜д゜)
そこんところもかなりニヤニヤすると思うので、期待してみるといいかもしれません(´_`)

  1. 2006/09/30(土) 12:08:45 |
  2. URL |
  3. Hiroy #E.y7TiL6
  4. [ 編集]

これぞガンダールヴの真の力?

「虚無の使い手」は、国や為政者からすれば戦争の道具、つまりは兵器。兵器の力を余すことなく使いこなすことこそが、ガンダールヴの本領なのだ!

……んなわけないと。
  1. 2006/09/30(土) 14:06:51 |
  2. URL |
  3. とおりすがり #-
  4. [ 編集]

Hiroyさん、こんにちは~。

>後半巻になるにつれて、シエスタがやばくなっていきます( ゜д゜)
すでにダ・イ・タ・ン♪な女の片鱗を見せつつある彼女ですが、
ここからさらにパワーアップしていくのですか!
どうやらこの作者、俺を生かして帰す気はないらしい。
流石エロゲライター、おそるべし。
  1. 2006/09/30(土) 19:34:18 |
  2. URL |
  3. おもち #rxZDUwA.
  4. [ 編集]

とおりすがりさん、こんにちは~。

>……んなわけないと。
兵器を自在に操るのも、虚無の詠唱の時間稼ぎ要員だというのもおまけに過ぎません。
伝説のガンダールヴ、それはただひたすら読者をニヤニヤさせてくれる存在であると(え
  1. 2006/09/30(土) 19:36:18 |
  2. URL |
  3. おもち #rxZDUwA.
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://omochiyasan.blog69.fc2.com/tb.php/235-5d52ad0d
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。