おもちやさん
アニメやゲーム、その他諸々の感想ブログ「おもちやさん」。 ぼちぼち更新予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

原作「涼宮ハルヒの憂鬱」 感想

「SOS団の活動内容、

 それは、

 宇宙人や未来人や超能力者を探し出して一緒に遊ぶことよ!」




感慨ここに究めり。

小説版「涼宮ハルヒの憂鬱」を読み終えました。
今日は小説を読みながら気になった点をアニメ版ではどうなっていたか見直すという自堕落優雅な一日を過ごしてました。

アニメはこれほどまでに原作を再現していたのか・・・。
登場キャラクターのセリフ回しやキョンの語りなどもほぼ原作準拠。
細かな場面設定や私服時の設定(アニメ版憂鬱Ⅲの町探索のシーンなど)も
完全に再現されていましたね。
あまりのシンクロっぷりにアニメでは描かれなかった原作だけの場面ですら
アニメキャラがボイス入りでSOS団部室で喋ったり動いたりしているような錯覚を起こしました。
というかね、キョンの語りが読んでる最中全部杉田さんの声に脳内変換できて
映像は無いのにアニメを見てる気分でしたよ(妄想力もここまでくるとめでたいw)

とまあ、そういった点では「アニメスタッフすげー」という賛美がまず最初に来てしまったわけですが、
原作とアニメではキャラの描き方にかなりの違いがありました。


アニメではハルヒの痛さや唯我独尊っぷりがある程度緩和されていました。
これに尽きると思います。
原作ではハルヒはまさに「ドタバタの種」そのものでした。
原作のハルヒはムスッとしていることが非常に多く、
その結果SOS団は彼女に振り回されっぱなしだったということが強調されています。
ハルヒだけが他のキャラよりも一段上にいるということが見て取れ
この作品の方向性を物語っているのがわかります。

ハルヒはそのようなキャラクターとして描かれたことでアクが強くなってしまいました。
ハルヒという現象に付き合わなければならなくなった気の毒な団員が話のメインに置かれたため、
ハルヒは「メインヒロイン」ではなくあくまで「ストーリーの中心点」という扱いだったように思えます。

とはいえハルヒがそのようなキャラクターとして描かれたからこそ
ラストのポニーテールハルヒから僅かに汲み取ることができるデレ要素が
極上のタレに漬けた高級和牛をも上回る破壊的な魅力を演出しているわけですが。
そういう点を考えればハルヒがメインヒロインだなぁ。
文章ではハルヒが照れてるかどうかさえわからないのでそのシチュエーションは読者が好きなだけ脳内補完できるっていうのもご飯おかわり自由的な感動が(ぇ

アニメ版ではハルヒがやや人間的に描かれたため、これでもかと言うくらいヒロインしてましたね。
原作ではそれほど好きになれなかったけどアニメのハルヒは可愛かった!と思った人も結構いそう。

しかしアニメでそのとばっちりを喰らったのは間違いなく朝比奈さんでしょう。
原作でさえ目立つシーンが少ない和み系マスコットキャラだったのに
アニメではさらに活躍の場が少なくて少々かわいそうでした。
まあその点に関しては後藤邑子さんの演技やあの愛くるしいロリフェイスが動き回るっていうだけでも性欲を持て余すから全然構わないんですが。

長門と古泉に関しては原作とアニメではそんなに違いは無く、いい感じの扱いでしたね。
朝倉さんは原作の方がキャラ描写が細かくてよかったかなー。



とまあ感想はこんな感じですが、さすが涼宮ハルヒの憂鬱!
期待していた通りの出来でした。
この作品はアニメから入っても原作から入っても楽しめる作りになってるのがいいなぁ。
おもちはずっと顔をニヤニヤさせながら読んでましたw
原作未読でアニメを見て面白いと思った人にはお勧めです!

2巻の溜息以後は一気に全部読んでから感想書くかも。
実は先ほど溜息も読み終え退屈を読み始めたところだったりする。

アニメの感動的なラスト(キョンが未来人・宇宙人・超能力者について打ち明けようとした)後の展開で吹いたという話もまた後日ということで。


にほんブログ村 アニメブログへ ←記事が面白いと思った方はクリックお願いします!


涼宮ハルヒの憂鬱
涼宮ハルヒの憂鬱
涼宮ハルヒの溜息
涼宮ハルヒの退屈
涼宮ハルヒの消失
涼宮ハルヒの暴走
涼宮ハルヒの動揺
涼宮ハルヒの陰謀
涼宮ハルヒの憤慨
スポンサーサイト




  1. 2006/07/09(日) 20:25:43|
  2. 涼宮ハルヒの憂鬱|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://omochiyasan.blog69.fc2.com/tb.php/70-5ff4fd49
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。